image

中国における大雨による洪水や干ばつによる水不足。その結果、農村部においては農作物の凶作や家畜の飼育が出来なくなって来ているばかりか、生活用水にすら事欠くほど水不足に追いやられている農家が激増してきている。

しかし、揚子江や黄河と言った巨大な大河が干し上がり、流域の農村や都市部で水不足が深刻化しているニュースを何度も見ていると、その周辺エリアの乾燥化、砂漠化が想像以上に進んでいることは間違いないはずである。

大紀元ニュースに掲載された。中国の上空から写された衛星写真を見ると、東西南北、中国のほぼ全土から緑色が消え、一面が黄色一色で覆われてしまっており、ゴビ砂漠が広がるモンゴルと何ら変わらない状況となっているのが分かる。

それはまさに森林の乱伐やレアーメタルなどの鉱物資源の無節操な発掘によって自然が破壊され、蒸発散量が不足して降水量が減少したその姿が写し出されたものである。大紀元ニュースは国土面積の18.2%に当たる174万平方キロメートルはすでに砂漠化し、砂漠地帯が毎年3436平方キロメートルづつ広がっていることを伝えているが、この写真を見る限り、直近の砂漠化の状況は当局の発表より遙かに進んでいるようである。

衛星写真は自然災害のさらなる拡大を予測するものだけに、これからの中国の行方が一段と空恐ろしくなってきた感がする。

これが原因で、日本の水源地が狙われている。日本人よ!もっと毅然とした態度をとろう!

4th_124th_134th_144th_15

広告

TokyoTimeTravel について

適当をテーマとしたブログですよ!

1件のフィードバック »

  1. ○○泰男 より:

    わたしのオデコも砂漠化が進んでいます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中