東京渋谷上空の地震雲(撮影時間16:10)

10月13日、東京上空はかなり広い範囲で地震雲に覆われたようである。時間帯は午後4時過ぎ頃である。東京にお住まいの皆さんはお気づきだっただろうか。

これは大気重力波の発生に伴って出現する、いわゆる地震雲だという。

友人のFacebookにも投稿されていた。(江戸川区北小岩付近)

image

このところ関東地方の地震が危惧されているだけに、先週辺りから東海道南岸全域 と八丈島周辺に巨大な大気重力波が発生しており、地震学者も大規模な地震の発生を心配しているとのことであった。

一つの可能性として、数日中に震度5弱~5強の発震があるかも知れないし、1~2ヶ月の内には更に大きな地震が発生するかも知れない。ただ、地震予知のデーターや地震雲の発生が必ずしも現実の地震発生に結び着かなかった事例も数多くあるので、一つの可能性として捉えておかれたらいかがだろうか。

房総沖の地震が伊豆諸島から小笠原周辺の海底火山の噴火を誘発し、更なる巨大地震の発生につながるのではないかと危惧している。いずれにしろ地震や火山噴火については、確かなことは言えないのが現状であるが、地震予知に携わっておられる研究者たちが、このところかなり緊張状態におられることは確かなようなので、用心だけはしておかれたほうが良さそうである。

伊豆諸島海底に活火山の可能性

10月14日 4時42分 NHK・WEBニュース

伊豆大島などの火山が連なる伊豆諸島の海底で、温度が200度近い高温の熱水が噴き出している場所が見つかり、これまで認定されていない活火山である可能性が高いことが研究機関の調査で分かりました。

独立行政法人、海洋研究開発機構の研究グループは、ことし7月と8月、無人の海底探査機を使って伊豆諸島北部の深さ100メートルにある「大室ダシ」と呼ばれる海底の台地を調査しました。その結果、台地の北西にある深さ100メートルほどのくぼみの底で熱水が噴き出している場所が数十か所見つかり、温度を測ると最高で194度に達したことが分かりました。

その周辺には、火山の噴出物でよく見られる硫黄などの固まりが確認されたほか、噴火で出来たとみられる軽石が一面に見つかりました。このため研究グループは、台地は海底火山で、現在も活動を続けている「活火山」の可能性が高いと分析しています。

海洋研究開発機構の谷健一郎技術研究副主任は「熱水の温度が高いことから、くぼみの下には高温のマグマがあると考えられる。水深が浅いため、仮に噴火が起きれば影響が広範囲に及ぶ可能性があり、さらに詳しく調べて過去の噴火の時期や規模などを明らかにしたい」と話しています。

地震雲について参考記事バナーを

クリックしてください

imageimageimage

2012.10.13新宿上空

imageimage

広告

TokyoTimeTravel について

適当をテーマとしたブログですよ!

1件のフィードバック »

  1. ○○泰男 より:

    起きても震度3とか4じゃないかなぁ?
    因みに奥尻に地震が起きる数日前には、夜空一面をもっと細かいストライプ状の雲が覆ってて、不気味に波打っていたんだよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中