京王電鉄井の頭線の上り電車に乗って前方を眺めていると、明大前駅の手前で橋を潜る。ここは丘を削った切り通しになっていて、元々ある道路が橋になっている。こうした橋は珍しくないが、明大前の橋は2つの点でユニークだ。その1つは道路だけではなく、用水路(玉川上水)の橋になっていること。もう1つは、複線区間の橋にもかかわらず、線路が4本並ぶように設計されていることだ。実はこれ、井の頭線の複々線化工事用ではなく、計画途上で立ち消えとなった「第2山手線の遺構」だという。

明大前駅付近の陸橋、線路4本ぶんの橋桁がある

橋の上は玉川上水のパイプが通っている

1925(大正14)年に山手線が環状運転を開始し、東京を放射状に伸びる各路線を結んだ。これが便利だったため、山手線の外側にもう1つ環状路線をつくろうという計画が生まれた。そのきっかけは、1921年に浮上した、東京の放射状路線を横断する鉄道路線構想に遡る。同構想の発起人らが1926(大正15)年に「東京山手急行電鉄」を設立、免許申請を行った。これが、日本の鉄道の歴史上でいう「第2山手線」である。

東京山手急行電鉄の計画は、大井町駅(JR京浜東北線) – 雪が谷大塚駅(東急池上線)付近 – 自由が丘駅(東急東横線) – 駒沢駅(東急田園都市線駒沢大学駅付近) – 梅ヶ丘駅(小田急線) – 明大前駅(京王本線・京王井の頭線) – 中野駅(JR中央線) – 新井薬師前駅(西武新宿線) – 江古田駅(西武池袋線) – 下板橋駅(東武東上線) – 板橋駅(赤羽線・埼京線) – 田端駅(JR山手線) – 北千住駅(東武伊勢崎線・常磐線など) – 曳舟駅(東武伊勢崎線・京成本線)付近 – 大島駅(都営地下鉄新宿線)付近 – 南砂町駅(東京メトロ東西線)付近 – 東陽町駅(東京メトロ東西線)南側だった。ちなみに終点付近は当時「洲崎町」という地名で、明治から昭和中期にかけては吉原と並ぶ歓楽街。「洲崎パラダイス」とも呼ばれたという。

東京山手急行電鉄は、当時としては壮大過ぎた計画で、資金の目処がつかなかったらしい。しかし、小田原急行電鉄社長の利光鶴丸が代表取締役となり、阪急電気鉄道社長の太田光熈も取締役に名を連ねて、実現に一歩近づいた。ただし、両名とも自分の会社の路線建設と運営に苦心しており、東京山手急行電鉄まで手が回らなかったようだ。その後、経由地を見直し、区間を駒込まで短縮するなどの変更案も出されたものの、関東大震災、世界恐慌、戦争の影響で開通できず、免許失効、計画は立ち消えとなってしまった。

東京山手急行電鉄の接続予定駅と通過予定地を直線で結んでみた

ただし、利光鶴丸は東京山手急行電鉄改め東京郊外鉄道と、現在の井の頭線にあたる路線免許を持っていた渋谷急行電鉄を合併させた。そして吉祥寺駅 – 渋谷駅間を建設。このとき、明大前駅付近のみ、第2山手線の準備工事に着手した。これが玉川上水陸橋の「線路4本分」の遺構として残ったというわけだ。

線路のない橋桁部分は第2山手線のために作られた

第2山手線が実際に作られたとしたら、とても便利な路線になっただろう。興味深いことに、その後、東急は大井町線を建設し、玉電は現在の世田谷線を作るなど、第2山手線構想に近い路線もできている。また、環状7号線西側と環状8号線東側に沿った「メトロセブン」「エイトライナー」という路線の構想もある。実際に作られた環状線としては、都営地下鉄大江戸線、JR武蔵野線などがある。さらには東武野田線、JR川越線、八高線、南武線も環状線を形成しており、「放射状の路線

を結ぶ」という第2山手線の構想が活かされているとも言えそうだ。

◆ ◆ ◆

◆目黒駅は品川区にあり、品川駅は港区にあるその理由

山手線に関する雑学の定番ネタとして、駅名と地名の不一致が挙げられる。例えば目黒駅は東京都目黒区にはなく、品川区上大崎にある。品川駅は品川区にはなく、港区にある。そのため、京急電鉄の”北”品川駅は品川駅の”南”にあるという「ねじれ現象」も起きている。今回は地図を参照しながら読んで頂くと楽しいと思う。

幻の「目黒駅追上事件」

目黒区の公式サイトによると、「山手線は本来、目黒川沿いに建設予定であり、駅も目黒村に作られる予定だった」とある。しかし、目黒川沿いの農家が「蒸気機関車の煤煙で農作物がダメになる」と強硬に反対。この反対運動は「目黒駅追い上げ事件」という名で語り継がれている。目黒駅は地元住民の反対で、権之助坂の上の大崎村に追い上げられたとのことだ。

山手線と東急、都営地下鉄が乗入れる目黒駅。駅前の地図表記を見ると、ここが品川区上大崎であるとわかる

しかし、実はこの事件に関する資料はなく、真偽は定かではないという。「農作物がダメになる」「宿場町が廃れる」という理由で鉄道建設に反対運動が起き、その結果、鉄道が町はずれを通るようになったという話はよく聞く話だ。郷土史として教科書にも掲載される場合もあり、地元の雑学として知っている人も多いだろう。

ところが、最近はこうした鉄道忌避伝説は無かったという説が有力になっている。2006年に刊行された「鉄道忌避伝説の謎 – 汽車が来た町、来なかった町」によると、「鉄道反対運動があったとされる地域には反対運動に関する資料がない」「鉄道誘致運動の資料は多く残っているが、反対運動の資料がないとは不自然」という。また、鉄道建設が推進された明治時代は現在よりもずっと政府や企業の力が強く、市民の声は反映されなかったとのこと。反対運動で鉄道のルートが変わるという話は、戦後の民主主義教育後の視点だというのだ。同書の著者の青木栄一氏は大学教授で、元地理歴史学会会長であり、鉄道に関する研究・著述も多い。多くの鉄道ファンに支持される人物である。それだけに「鉄道忌避伝説の謎」は鉄道ファンに衝撃を与え、現在は鉄道忌避伝説は無いという説が支持されている。

鉄道反対運動が伝説だったという視点に立って山手線の目黒駅の立地を改めて見てみると、目黒駅は大崎から渋谷までをほぼ直線上に結ぶルートにあるとわかる。目黒川沿いに鉄道を敷くと、渋谷に出るには迂回と山越えが必要になり、建設費が嵩み効率が悪い。山手線は「生糸輸送のために赤羽と品川を結ぶ」ために作られた。その目的からみれば、元から現在の直線ルートが計画されたと考えられる。ちなみに、目黒駅が品川区にあるため、目黒区にはJRの駅がない。東京23区では目黒区の他、文京区、世田谷区、練馬区にもJRの駅はない。

品川駅がある場所が昔は品川と呼ばれていた。

品川駅が港区にある理由も「品川宿の反対があった」とされていた。しかし、現在は反対運動ではなく「用地買収が面倒だったから、開通を急いだ明治政府が町を避けた」という説が有力だ。日本最初の鉄道として、この地域に駅が作られたとき「品川駅」と名付けられた。そこは品川宿から離れた場所だった。これが「品川宿を避けて品川駅ができた」の根拠となっている。

しかし、歴史の資料をひもとくと、品川駅の開業は明治5年。そして、品川駅のある場所は明治4年まで「品川県」だった。品川区の公式サイトによると、「品川県は明治2年に定められ、東京23区の南西部、武蔵野、横浜も含む広大な範囲」だった。ところが廃藩置県の再編成で、品川県はたった2年で消滅する。品川駅の開業時までに品川県はなくなった。しかし、鉄道を計画した当時は「品川県」だった。品川駅の由来は「品川宿」ではなく、そこが「品川県」だったからだとも考えられる。

品川駅は日本で初めて開業した駅。JRの東海道線、山手線、京浜東北線、京急電鉄が乗入れる。駅前の地図表記には港区と表記されている

広告

TokyoTimeTravel について

適当をテーマとしたブログですよ!

1件のフィードバック »

  1. ○○泰男 より:

    わたしのオデコにあったツムジも消えたぞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中